記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おニューのお弁当箱でモチベーションアップ

主人が冷たいお弁当を食べるのは嫌だと絞り出すような声で抗議をしてきました。

私だって鬼ではないので、お弁当箱ぐらいちょっと機能のいいものを買ってあげるよと言いたいところですが、彼は既にお弁当箱を3回無くしてしまっています。しかも買いたての新品のお弁当箱を持っていき、気持ちがいいから公園で食べてそのままお弁当箱を忘れてしまうというありさまなので、今は100円均一で揃えたお弁当箱を持たせていました。一度だけならもうしないでねと言えば済むのですが、既に3回無くしている状態にプラスして、マイボトルを持っていきたいというので、有名メーカーの保温機能ボトルを購入して持たせたところそれもなくしてしまって帰ってきているのです。

これでは簡単に何千円もするような保温機能のあるお弁当箱を簡単に買ってあげるよなんて言えません。

「うんうん、そうだね」と話半分に聞いて流すというのがいつものパターンで、実際に今回も主人の話はそれで流しました。

でも今日、家の近くのスーパーで冬物処分と題して保温機能のある3000円のお弁当箱が半額で売っていました。しかも主人が憧れの汁物ケース付です。始めは半額でも1500円なんて高いと思いながら、やっぱり主人にどこか甘い私なのでつい購入してしまいました。

翌朝は慣れない円形のお弁当に四苦八苦しながらお弁当のおかずを詰め込みます。御汁も作って入れました。ご飯はお腹が空かないようにぱんぱんに詰め込んで蓋をしました。

お弁当箱を新しくしたことを黙っていたので、出勤前の主人はすごく喜んでくれました。

ただ、慣れないお弁当箱は詰めるのにすごく苦労して、初日からこれで大丈夫なのかと不安にもなりました。

お昼になると主人から電話がかかってきました。「ご飯があったかい」これが第一声です。それはそうだと思いながら、お汁が火傷をしそうな暑さだったとか、ご飯の量が多いとか細かい感想を聞きました。

このまま半年でも使い続けてくれれば彼の場合は良しとします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。