FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専業主婦がダウンしたとき

専業主婦って本当に、暇な人間扱いされる事が多くて嫌になっちゃっていました。

確かに、子供が小さくない限りは、家族が仕事に学校にと出かけて行けば、家事をした後は帰ってくるまで自由時間で一息つけますけどね。

お給料もらわずに、毎日家族みんなのお洗濯をして畳んで片付けて、ゴミ捨てして、買い物して、掃除をして洗濯してお風呂を入れてお料理して、というのは立派に働いてるのだと言いたい、と思ってました。

そんなある日のことでした。

背中と首の後ろが凝ってて痛いんだよね、と言っていたらあれよあれよと具合が悪くなっていき、気づけば熱は38.5度になっていました。

こんなに熱が出たのはインフルエンザ以来だし、身体は痛いしダルいしさすがに横になってしまいました。

昼間のうちに買い物しておいて本当に良かったと思いました。

家事を代わりにやってくれる人なんていないのだから、ちょっと辛くても買い物を先に済ませておいて正解だった、と思ったわけです。

でもその後すぐに、申し訳ない、と思う暇もなく家のことなど何も出来なくなりました。

だって身体が寒気が止まらないしあちこち痛くてたまらないから、お布団から起き上がることすらできなかったんです。

家族もさすがにこれはやばいと思ったのか、何も言わなくなりました。

それからなんと3日、高熱は続き起きることがほとんどできませんでした。

トイレは行きはしましたが、それも本当に少ない回数でした。

あまりに起き上がるのが辛かったし熱のせいか水分摂っててもトイレが近くならなかったのです。

やっと4日目になって熱が下がって身体の痛みが治まったときにようやく家の中のことが気になったという感じでした。

専業主婦になってからは、家族の身の回りの世話は私の仕事だからどんな時でもやらなくてはと思っていましたが、これだけ体調悪いとそんなの言ってられませんね。

でも、この期間に家の中がぐちゃぐちゃになり食事も出てこないことで、専業主婦がどれだけ仕事してたか分かってもらえたかもしれないので、まあ辛かったけどある意味良かったと今となっては思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。